ホメオパシー用語集
相談会でも使われることの多い、ホメオパシーの用語。

自己治癒力・・・

誰の体の中にもいる、100人の名医。

自ら治そうとする、自然の力。

同種の法則(同種療法)・・・自然の法則

「同じようなものが、同じようなものを治す」という同種の法則を用いた療法。
 

量の法則・・・自然の法則
1853-1932年、ドイツの精神医学者・ホメオパスの

フーゴ・パウル・フリードリッヒ・シュルツが発見した法則。

シュルツの法則とも言われる。


作用反作用の法則・・・自然の法則

ニュートンの第三の法則。
 

希釈・振盪(きしゃく・しんとう)・・・自然の法則

ホメオパシーのレメディーの作り方、その技術。

バイタルフォース(VF)・・

私達を活かそうとする目に見えない力、生命力。

 

ポーテンシー・・・

 

ホメオパシーのレメディーが持つパワー、活力、強さ、ダイナミクスのこと

 

急性病・・・

症状がはっきりしている、進行が早い。
レメディーのホームキットで対処することが可能な範囲。

発熱、下痢、嘔吐、風邪の初期、出血、打撲、捻挫など。

慢性病・・・

急性病に比べ、症状がはっきりせず、一生かけてじわじわ進行する。

リウマチ、癌、多発性硬化症、アルツハイマー、花粉症、など。