©2019 by 今から始める自然な生き方

ご挨拶

自然療法士・ホメオパス

羽田のりこ

JPHMA認定ホメオパス №0996

ZENメソッド認定ホメオパス №0409

インナーチャイルドセラピスト №0279

​​このサイトをご覧いただき、またホメオパシーに興味を持っていただきありがとうございます。

ホメオパスの羽田のりこと申します。

ホメオパシー。日本ではあまり聞きなれない言葉かと思います。

「ホメオパシーって何?」という方は、よろしければ世界中で愛されるホメオパシーのページも併せてご参照ください。

ホメオパシーに出会う道は、人それぞれだと思います。私の場合は、突然出会って何かピンとくるものがあり、数か月後には学校に入学していた、という経緯がありますが、当時はレメディーの名前すら知らなかったため、勉強についていくのがとても大変でした。

在学中も卒業後も、学校でもプライベートでも多くを学ばせていただきましたが、その中の大きな一つが

人間は肉体だけでなく、心と魂、三位一体の存在」だということです。

これまで、たくさんのクライアントさんのケースを拝見してきた中で、私の中でその学びが確信に変わりました。

私達は、心も体も魂も、一切切り離されてはいないのです。ただそれを忘れてしまっているだけなのだと思います。

そうでなければ、なぜ目に見えない心が痛むのでしょう。なぜ生まれたての赤ちゃんにさえも持って生まれた各々の個性があり、私達には目に見えない、感覚や感性があるのでしょうか。心が病み、体が病み、またその逆もあると思います。​

(ただし「体心魂三位一体」には、宗教的な意味は含みません)


また、私自身「自然療法」という耳慣れない世界に足を踏み入れることになり、初めて「自然な生き方」とは何か?を考えるきっかけになりました。それは先人達が宿した叡智でもあり、少し前の時代までは普通に行われていたことですが、現代は残念ながらそれとは逆行しています。

これまでの不自然な生き方によって、原因不明の症状に悩まされてきました。

特に長年の歯列矯正による顎関節症ホルモン療法による精神的副作用などから抜け出すのには苦労しました。

また、物心ついた頃から人生は苦しいものだと信じてきたので、今思うと虚無と絶望の中、鬱状態で誰とも繋がりを持てない子ども時代だったと思います。

同時に、言葉を失った感がずっとつきっまとっており、そのため自分の感情や思うことを言葉にうまく表現することが困難だったので、人間関係でも多くの迷惑をかけてきてしまったと思います。

しかしその後、たくさんの学びや出会いをいただきました。本当に多くの方々からの温かい援助をいただきました。同時に自力で心の癖(インナーチャイルド)を癒していくことで、人生のオセロのコマが黒から白に変わっていく体験がありました。今ではそれらすべてが私という人間を形作る材料になっており、これまで私を支えて来てくれた多くの方々の存在に、心からの感謝が込み上げます。

これからはその恩返しとして、ホメオパスという生き方を通して、クライアント様が自分の力を、誰の中にも眠っている「自己治癒力」を信じていけるようなお手伝いができれば幸いです。私のミッションは、ホメオパシーという自然治療を通してクライアント様の心身の健康を回復し生活を向上させること。だから、同じように苦しんでいる方のお役に立てることがあると思います。

200年前のドイツの医師でもありホメオパシーの父、サミュエルハーネマンは、あえてホメオパスではなく「ハイルクンスト」といういい方をしていました。これは、ホメオパシーのレメディーだけでなく、人を多角的に総合的に治癒に導くもの、という意味になります。私自身も、ホメオパスにとどまらず、ハイルクンストとしてこれからも精進を重ねて行きたいと思っています。
 

趣味は、自然の中を散策すること。場所がら、立川市の昭和記念公園や、奥多摩、高尾山などに足を運びます。
旅行も好きで、豊受自然農のハーブ園がある北海道の洞爺湖には毎年行っています。

性格は、昔から少し職人気質のようなところがあり、物事に一度興味を持つと集中するタイプのようです。

今まで色々なことに関心を持って取り組んできましたが、やはり根底にあるのは人間、自分とは何か?ということでした。

 

もともとスピリチュアルなことに興味が強かったので、さらに深く追求したくなり、2011年頃から何度もインドに瞑想しに行った経験があります。そこでは、実は大きなカルチャーショックがありました。自分自身のアイデンティティ、つまり【日本人】という国民性について強烈に考えさせられました。今思えばその時からの疑問が、流れ流れて私にホメオパシーを学ばせるきっかけになったのだと思います。

なお、私自身すでにホメオパスとしての資格は修得していますが、より安全で納得のいく処方をクライアント様にご提供できるよう、勉強会や各種講座などで今後も知識や技術のレベルアップを継続してまいります。

そのために、途中で処方のあり方などを変更することがあるかもしれませんが、ご理解いただけますと幸いです。


また、状態に応じて現代医学での検査や他の療法(鍼灸治療や整体)のご提案、ご要望があればヒプノセラピー(催眠療法)や瞑想法なども、併せて対応させていただくこともあります。

相談会で大切にしていることは、安心してリラックスしてお話しいただける空気感です。

初回は特に緊張されることもあるかもしれませんが、どうぞそのままのあなたでいらしていただければと思います。

クライアント様が、本来のご自身の心身の健康を取り戻せますように。

長野生れ、東京育ち

2015年4月 CHhom入学 第6期

2019年3月 CHhom卒業

【ホメオパス選びで悩まれている方へ】
​私の所属する、ホメオパスの協会「JPHMA(日本ホメオパシー医学協会)」には、全国各地に約700名ほどのホメオパスが登録されています。こちらも併せてご覧いただき、皆様に合うホメオパスをお選びください。

JPHMA 認定ホメオパス
http://jphma.org/nintei/homoeopath/index.html


​​JPHMA 全国のホメオパシーセンター
http://jphma.org/nintei/center.html

 

その他のセッション

相談会を受けている方のご要望に応じて行う、オプションメニューです。

ヒプノセラピー(催眠療法) 

◆マインドフルネス瞑想 

タイ古式ストレッチ